暖かい家づくり(一条工務店 平屋i-smartで快適生活)

20代で建てた一条工務店 全館床暖房 平屋 i-smartの住み心地、モダンインテリア、DIYを紹介。

リビングに飾るオシャレなモノトーン時計を紹介!

今回は「リビングに飾るオシャレなモノトーン時計」を紹介していきたいと思います。 夢のマイホームを建てたらオシャレなリビングにしたいと思うのは皆さん同じですよね。私は「モノトーン」をベースにしたインテリアが好きな為、家を建てる前からどんなインテリアグッズがあるか調べてきました。中でも掛け時計は悩んだアイテムになります。私が選んだ掛け時計を、実際リビングに飾った写真をお見せしながら紹介していきたいと思います。 

私のリビング時計の選び方 

他の家具との調和を考える

 私はモノトーンインテリアが好きなんですが、こちらの記事で紹介したとおり、カーペット、キッチン、冷蔵庫、ソファーなど、他の家具も全て「モノトーン」で統一しています。リビングに飾る時計もモノトーン調にしたいと考えました。色はブラック/ホワイト/グレーでデザインがシンプルなもので探していきました。

リビングの掛け時計を紹介

我が家のリビング掛けてある時計を紹介します。リビングの時計は、「時間を把握する」という基本的な機能はもちろんですが、「インテリア」としての側面が強いような気がします。私は「モノトーン」好きですので、家具やちょっとしたインテリア小物まで、モノトーンのグッズで揃えています。

我が家のリビングに飾ってある時計はこちらです。

f:id:shioyan1130:20180603061825j:plain

2016年3月に新居に引っ越してきたタイミングで、他の家具と合わせて購入しました。。「ALLESI(アレッシィ)」というブランドの「Firenze(フィレンツェ)」というウォールクロック(壁掛け時計)になります。 

ALESSI(アレッシィ)とは

 イタリアを代表するハウスウェアメーカー(食器メーカー)にして、70カ国以上で商品を展開するデザインファクトリーでありブランド。

1921年、イタリア北西部オメーニャ市で伝統的な金属食器工房として誕生。創業者はジョヴァンニ・アレッシィ。彼は家族、友人たちを想い、食卓での時間を誰よりも大切にする人物で、その精神がプロダクトには引き継がれている。食卓の時間を最高の形で彩るアイテムがアレッシィアイテム。

1950年代から世界的なデザイナーとのコラボレーションによる芸術的なアイテムからユーモアあふれるアイテムを発表。人々の食卓、生活に喜びと驚きを一層届けることができるよう展開している。

全商品が第一線のデザイナーとのコラボレーションで生み出され、巨匠建築家によるティーアンドコーヒーセットなど、至高のアート作品として伝説化したものも数多い。日本でもポップなデザインのキッチンツールを中心に人気が高く、毎年の新作が注目を集めている。 

出典:https://www.fashion-press.net/brands/2449 

 

シンプルなデザインの「Firenze(フィレンツェ)」

 ALESSI(アレッシィ)の掛け時計で一番有名なものといえばこちらの『Firenze(フィレンツェ)』です。イタリアの芸術都市の名前がついたこちらの時計はAchille Castiglioni(カスティリオーニ)と弟のPier Giacomo Castiglioni(ピエル・ジャコモ)によって、
1965年にフェレンツェのパラッツィオ・ストロッツィで開かれた
「人が住む家」展に出展。まるでイタリアの老舗カフェやレストランで見かけそうな、伝統を感じさせるデザインです。

リビングに飾った写真

 購入してきてリビングに飾ってみた写真です。

 f:id:shioyan1130:20180603062107j:plain

 ラグやソファーとも雰囲気に合っていて、大変満足です。

 時計のサイズ

時計の直径は36cmで、割と大きめのため、リビングにちょうどいいサイズです。寝室、子供部屋には少し大きいサイズかもしれませんね。

 時計の重さ

 樹脂で作られていることもあり、重さは460gで大変軽いです。

f:id:shioyan1130:20180603232303j:plain

出典:https://global.rakuten.com/en/store/p-s/item/r00112g/ 

壁に埋め込まれたかのようなデザイン

 時計自体が大変薄いので、「壁に埋め込まれたようなデザイン」になります。

私の家でも友人に「壁に埋め込んでるの?」と何度か聞かれたこともあるくらい自然に溶け込んでいます。

 f:id:shioyan1130:20180603062009j:plain

その他リビングの写真 

こちらは夜の雰囲気です。時計も自然と雰囲気に溶け込んでいます。

f:id:shioyan1130:20180603062211j:plain

シンプルなデザインなので視認性もバッチリです。 

f:id:shioyan1130:20180603062336j:plain

「時計を飾る場所」を考える

 時計を設置する位置ですが、下の間取り図の赤色印のところに設置しています。

 f:id:shioyan1130:20180603234733j:plain

LDKのどこからでも時計がよく見える位置となっています。やはり家族全員が見えやすい位置に置く必要がありますよね。 

私が購入したものはこちらになります。

 

 他にも、ライトブルー、ブラック、ホワイト、ホワイト×レッド等の色があって大変オシャレです。  

まとめ

  今回はALESSI(アレッシィ)というブランドの『Firenze(フィレンツェ)』を紹介していきました。時計一つで部屋の雰囲気もガラっと変わりますし、自分のこだわったポイントです。モノトーン好きの方には参考になるかもしれませんね。

 

【合わせて読みたい】

 

shioyan1130.hateblo.jp