暖かい家づくり(一条工務店 平屋i-smartで快適生活)

20代で建てた一条工務店 全館床暖房 平屋 i-smartの住み心地、モダンインテリア、DIYを紹介。

【インテリア】一条工務店i-smartに似合う!オシャレなカウンターチェアを購入&塗装DIY!

 このブログは、
にほんブログ村ランキングに登録しています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

 今回は「一条工務店 i-smartに似合うカウンターチェア」を紹介していきたいと思います。私は一条工務店のi-smartでマイホームを建てました。一条工務店ではキッチンタイプを4種類から選べるようになっていますが、我が家では「ステップカウンター」と呼ばれる、キッチン天板がお店のカウンターのようになっているタイプを選びました。
色はブラック、天板は御影石のスタイリッシュなデザインのものとなっていますが、入居前、このデザインに合う様々なカウンターチェアを探し回っていました。
今回は私が購入したカウンターチェアと、プチ塗装DIYをしていきましたので、紹介していきます。 

我が家のキッチンについて

我が家のキッチンは一条工務店i-smart「ステップカウンター」です。

f:id:shioyan1130:20180408220907j:plain

 リビング側に対面カウンターが付いているキッチンで、色は4種類から選べますが、私はブラックを選びました。

 一条工務店i-smartに合う「イームズチェア」

 私はこちらの「イームズチェア」というデザイナーズチェアを購入しました。

正規品を買おうとするとかなり値段が高い(正規品で40,000~60,000円が相場)ものになりますが、私が購入したものはリプロダクト品(いわゆるジェネリック品)です。 

f:id:shioyan1130:20180520235850p:plain

こちらの写真は私の家のステップカウンターキッチンの前に置いた写真になります。

イームズチェアにも種類が色々ありますが、「DSW ホワイト」を2脚購入しています。

f:id:shioyan1130:20180521010620j:plain 

イームズチェアについて

デザイナーのチャールズ&レイ・イームズ夫妻が、1950年代にアメリカのオフィス家具メーカーで数多くの家具をデザインしました。

f:id:shioyan1130:20180521225817j:plain

 

出典:https://vanilla-kagu.com/fs/design/c/about-eames

 

 リプロダクト品とは

意匠権の切れた製品をオリジナルのデザインに似せた形で造られた製品の事を指します。(日本では意匠権の期間20年、アメリカ14年、ヨーロッパ25年)

よく「コピー品」と間違えられますが、コピー品は意匠権が切れていないものをコピーした製品。「リプロダクト品」は意匠権が切れたものを復刻した製品という違いがあります。

リプロダクトのメリット

 元のオリジナルの製品よりも安く、同じようなデザインの製品を購入する事が出来ます。開発費、デザイン費などが掛からずに製造する事ができるため、オリジナル製品よりも安く販売できるためです。

リプロダクトのデメリット

 (1)オリジナル製品よりも品質が落ちる(事がある)

リプロダクト品は意匠権が切れたものをロイヤリティー無しで復刻しているわけですから、どんな企業でも同じデザインのものが作れてしまいます。そのため、価格競争が激しく、企業はコストカットのため、見えない部分の品質を落とすなどしています。 もちろん、品質もきちんと確保した製品もありますので、口コミや企業の信頼度なども考慮して購入すれば問題はありません。

(2)正規品ではないため、ブランド力が落ちる

 リプロダクトはあくまで「復刻品」です。モノは一緒でも本物のブランド価値を求める方には合わないのかもしれません。 

ブラック塗装のDIY

 今回購入した「イームズチェア」ですが、ブラックのものが無かったため、ホワイトのものを2つ購入し、うち1つをブラック塗装することにしました。

f:id:shioyan1130:20180520235945p:plain

使った塗装材料はこちらの塗装スプレーです。

 

〈アサヒペンクリエイティブカラースプレーの使用感>

 鉄・木・発砲スチロール・紙・ガラス・プラスチック・コンクリート等、あらゆるものを塗装出来て色は全部で90種類。DIYで色々なスプレーを使用してきましたが 、塗料がタレにくく使いやすいですね。仕上がりもマットな感じが出て、テカりを抑えられるため、高級感のある仕上がりになります。

塗装後のステップカウンター

塗装途中の写真を撮り忘れましたが、塗装後のイームズチェアを早速置いてみました。

f:id:shioyan1130:20180521000103p:plain

 左側が自分でスプレー塗装したもの。右側が購入した来たそのままです。

パッと見た感じでは自分で塗装したようには見えません。 

f:id:shioyan1130:20180521000122p:plain

マットな仕上がりで、モノトーン好きな私としては満足しています。イームズチェアの使い心地ですが、リプロダクト品といっても滑らかな曲線のデザインや、品質についても特に問題はなく、非常に丈夫な造りとなっています。 

まとめ

 今回はインテリアの記事として一条工務店i-smartに合うカウンターチェアについて紹介していきました。リプロダクト品については賛否あるとおもいますが、私は製品の品質が一定以上であり、値段相当のものであればそれは「購入する価値がある」と判断します。かといって「安物買いの銭失い」にはならないよう、きちんと口コミ、その販売者が信用できるかは事前にリサーチするように心掛けています。また、DIYで自分好みにするといった発想も持って自分らしい家造りをやっていきたいと考えています。

 

こちらの 記事も参考にしてみてください。

www.shio-ismart.site

 

www.shio-ismart.site