暖かい家づくり(一条工務店 平屋i-smartで快適生活)

一条工務店 全館床暖房 平屋 i-smartの住み心地、モダンインテリア、DIYを紹介。

オシャレなコストコ物置ケター(Keter)の自転車小屋DIY!基礎&組立て方法を紹介!

 このブログは、
にほんブログ村ランキングに登録しています。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

f:id:shioyan1130:20210811163344j:plain

一軒家を建てる際、「いずれは子供たちのために自転車置き場が欲しいな」と考えていた私ですが、外構工事では費用を抑えるために最低限の工事しか行いませんでした。

 

www.shio-ismart.site

 

子供達も成長して玄関先に自転車置き場が欲しいなと考えていたところ、コストコでたまたま自転車置き場として丁度良いサイズの物置を見つけました。

 本記事ではコストコで購入した物置(ケター ダーウィン)の組み立てを自分でやってみましたので、その手順、方法を紹介したいと思います。

 オシャレな自転車小屋・物置にしたい、設置に掛かる費用を少しでも減らしたい方、何でも自分でやってみようと思っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

購入したコストコ物置「ケター ダーウィン」

今回私が購入する物置はコストコで購入出来るケター(Keter)のダーウィンという物置です。
 
コストコで「37,800円」で販売されており、このサイズの物置にしては激安で、即購入を決めてしまいました!

コストコ物置(ケター ダーウィン)

コストコ物置(ケター ダーウィン)

【コストコ物置(ケター ダーウィン)スペック】

  • サイズ:外寸/約 横幅126×奥行183×高さ204cm
  • ■材質:ポリプロピレン ネジ・強化柱:スチール  ■重量:50kg  ■カラー:ブラウン
  • ■形式:組立式(組立推奨人数:大人2人以上)
実際にコストコ店舗においてある状態を見ましたが、大人用の自転車2台分がちょうど入るくらいの大きさです。
 

自転車小屋(物置)を設置する場所

今回コストコの自転車小屋を設置する場所は玄関の横のこちらのスペースです。

f:id:shioyan1130:20210812140728j:plain

もともと玄関周りは外構費用を最小限に抑えたために、 駐車スペースを含めてバラス(砕石)敷きになっていました。

f:id:shioyan1130:20210812140810j:plain

 このスペースにもともと自転車を置けるようなサイクルポート(自転車置き場)を自分で作ろうかと考えていましたが、真横に立水栓が設置されていることもありなかなか良いサイズのサイクルポートが見つかっていませんでしたので、家を建ててから丸5年間バラス敷きのままになっていました。

f:id:shioyan1130:20210812140848j:plain

 このスペースの角には余った砕石も積まれてありとても綺麗なスペースではなかったのですが今回コストコの物置を設置して綺麗な見栄えにしていきたいと思います。

 組み立てDIYに必要な道具

・電動ドライバー
・ゴム手袋
・脚立

 必要な道具としてはたったこれだけ。
基本的に、物置の組み立てはビス(スクリュー)を締めるだけですが、かなりの締付け箇所となるので電動ドライバーは必須です。
ゴム手袋は、金属部品の角で手を切る恐れがあるため、手を保護する目的と、重い部品を持つときに滑らなくなるため作業が楽になります。

コストコのケターは高さ約2mの背の高い物置ですので、天井の作業をする際に脚立は必須です。

コストコ ケター物置小屋のDIY手順紹介

1.コストコ物置の内容確認

コストコ店舗で購入し、店舗から直接車に乗せて自宅まで運んできました。

f:id:shioyan1130:20210812135408j:plain

 重量は約50 kg 、かなりの寸法のため一人で運ぶのが困難だったため大人3人がかりで運びました。

f:id:shioyan1130:20210812183705j:plain

組み立ての説明書も付属していましたがきちんと日本語で書かれていますし、 わかりやすいイラストがついていますのでとても親切だと感じました。

(ネットの口コミを見ると、「説明書が日本語は書かれていない」とありましたが実際には日本語の説明でした。)

f:id:shioyan1130:20210812135558j:plain

 側面や天井のパネルはいくつか種類があります。組み立ての際に間違えないように、最初に種類ごとに分けておきましょう。

 

f:id:shioyan1130:20210812135940j:plain

 窓などの細かい部品についてはきちんと名称が書かれてあり間違えないような工夫がされていました。

 

2.基礎ブロックを並べる

物置を組み立てる前にブロックを並べて基礎を作る必要があります。

 床の大きさが横幅126cm×奥行き183cmのため、床の大きさよりも少し大きめの基礎を作っていきます。

f:id:shioyan1130:20210812140931j:plain

 まずは佐伯石が敷いてあった箇所を水平にするためにコンクリートブロックを置く前に均しておきます。(後で水平は微調整するのでここはある程度で構いません。)

 

f:id:shioyan1130:20210812141009j:plain

 床の大体の広さ均し終えました。

この砕石の上にコンクリートブロックを置いていきます。必要なコンクリートブロックは30個。コンクリートブロック一つの大きさは190mm×390mmのため、

・横幅190×6=1,140

・奥行390×5=1,950

 という計算になりますが、寸法が足りない分は少しだけ隙間を空けて基礎を作っていきます。

f:id:shioyan1130:20210812141053j:plain

 コンクリートブロックをホームセンターで購入してきました。1個約10kgあるので300kg分!

 

f:id:shioyan1130:20210812141136j:plain

 コンクリートブロックを並べていきます。

 

f:id:shioyan1130:20210812141217j:plain

f:id:shioyan1130:20210812141257j:plain

 この時気を付けたいのは基礎部分の水平度です。少しでも傾いていると、物置の扉が閉まらなかったり、家の壁と平行ではなくなり見栄えが悪くなってしまいます。

 高さやはゴムハンマーでブロックを叩いて地面に押し込むことで微調整します。

 

f:id:shioyan1130:20210812141341j:plain

f:id:shioyan1130:20210812141419j:plain

 基礎部分終了です。

ここまでで一人作業で約1.5時間掛かりました。

ブロックを並べるだけなら大して時間は掛からないのですが、ブロック全体の高さを合わせながら水平にする事に時間が掛かりますね。

 

3.コストコ物置の床を設置する

 基礎ができたら物置の床となる部分を設置していきます。

床となる部分はこの写真のような黒の樹脂板です。この物置は床材も含めて全て樹脂でできていますので、はっきり言って強度は全然ありません。

f:id:shioyan1130:20210812154015j:plain

持ち上げた感じかなりのペラペラで、持ち上げると曲がってしまいます。

そのため基礎であるコンクリートブロックは隙間をあまりあげず設置しましょう。

f:id:shioyan1130:20210812154056j:plain

 床材は2枚ありますのでコンクリートブロック基礎の上に重なるように組み合わせます。

f:id:shioyan1130:20210812154610j:plain

 

f:id:shioyan1130:20210812154810j:plain

2枚を重ね合わせたらビスを10点留め付けていきます。

f:id:shioyan1130:20210812154837j:plain

床の組み付けはこれで終わりで、かなり簡単でした。  

 

4.側面の組み立て

 f:id:shioyan1130:20210812155702j:plain

物置の側面はパネルを組み合わせて作っていきます。角のパネル部分も写真のように折り目が付けてありますので、これを折り曲げます。

f:id:shioyan1130:20210812155730j:plain

f:id:shioyan1130:20210812155801j:plain

パネルは床の端の溝に差し込んでいきます。大きなプラモデルのようですので、簡単です。

 

f:id:shioyan1130:20210812155838j:plain

反対側も同じ要領でパネルを床に差し込みます。

 

f:id:shioyan1130:20210812155917j:plain

側面のパネル同士もお互い凹凸の溝がありますので、重ね合わせるだけで接続できます。

f:id:shioyan1130:20210812160130j:plain

物置の後ろ側のパネルが出来上がりました。 

f:id:shioyan1130:20210812160211j:plain

同じ要領でパネルをどんどん接続していきます。

側面のパネルは窓付きパネル1枚、窓なしパネル4枚、角用パネル4枚構成です。

窓付きパネル1枚、窓なしパネル4枚は同じ大きさなので、どの面に窓を付けるか自由に選ぶことができます。

 

f:id:shioyan1130:20210812160243j:plain

どんどんパネルを組み合わせていきます。

 

f:id:shioyan1130:20210812160321j:plain

パネル同士は物置の内側からビスを止めていきます。

最初からすべてのビスを止めてしまうと後で歪みが調整できないため、この時点では数点止めておきます。

 f:id:shioyan1130:20210812160425j:plain

側面のパネルが組みあがりました。

f:id:shioyan1130:20210812160353j:plain

ここで内側からビスでガッチリと固定していきます。

パネル1枚に対して6点。合計30点のビスを締めていきます。かなりの数ですので、電動ドライバーがないと無理です。

 

f:id:shioyan1130:20210813060725j:plain

 ドアのフレーム柱部分はスチール製ですので、組み付けるとそこそこ強度がありますよ。

 

5.屋根の設置

 側面パネルが組み終わったら次は屋根の設置です。

f:id:shioyan1130:20210812160525j:plain

屋根のパーツは分割されていますので、パーツを組み合わせていきます。

f:id:shioyan1130:20210813060645j:plain

こちらの部品はビス3点締めで組み合わせます。

物置の屋根前後に2箇所分です。

f:id:shioyan1130:20210813060808j:plain

パーツを組み合わせたら物置の屋根前後部分に上から押しこみます。

 

f:id:shioyan1130:20210813060842j:plain

上から押しこんだら、裏からビス止めし、ドア枠と連結します。

 

f:id:shioyan1130:20210813060925j:plain

後ろ部分も同様に上から押し込んだ後でビス止めで固定していきます。 

f:id:shioyan1130:20210813061000j:plain

何となく形になってきました。

 

f:id:shioyan1130:20210813061042j:plain

屋根の側面の枠を取り付けていきます。取り付け方は簡単で、側面の壁に引っ掛けるだけ。

f:id:shioyan1130:20210813061116j:plain

片側6点、計12点をビス締めします。

これで屋根の外枠が出来ました。一つ一つの部品は樹脂のためペラペラしていますが、組み合わせるとなかなか強度がありそうですよ。 

f:id:shioyan1130:20210813061223j:plain

屋根の天辺の柱を載せていきます。かなりの高さがあるので脚立が必要です。 

f:id:shioyan1130:20210813061300j:plain

こちらの柱もビスを締めて固定していきます。

f:id:shioyan1130:20210813061340j:plain

天井を載せていきます。天井は柱に差し込み口があるため、はめ込むだけの簡単構造。

私は一人で頑張って載せましたが、かなり大きい&重たいため、二人作業をおススメします。

f:id:shioyan1130:20210813061519j:plain

 

 

6.扉の組付け

いよいよ最後は扉の組付けです。

f:id:shioyan1130:20210813061601j:plain

扉となる板に金属のフレームを四隅にはめ込みます。

f:id:shioyan1130:20210813061642j:plain

金属のフレームはビス締め12点。ここも電動ドライバー必須。

 

f:id:shioyan1130:20210813061734j:plain

付属しているドアの蝶番を付けていきます。取り付ける位置には印があるため寸法を測る必要はありません。

f:id:shioyan1130:20210813061907j:plain

 

f:id:shioyan1130:20210813061943j:plain

付属のドアの取っ手と、ロック部を取り付けます。

f:id:shioyan1130:20210813062053j:plain

ここでドアがしっかり閉まるかどうか確認しておきましょう。かなり気を使って組み立てたつもりでしたが、私の場合は歪みがありドアがキレイに閉まりませんでしたので、他の部品を一度取り外して微調整する必要がありました。

f:id:shioyan1130:20210813062120j:plain

これでドアの完成。

f:id:shioyan1130:20210813062152j:plain

最後に窓枠を組み付けていきます。窓枠は内側からビス9点締めで固定します。

f:id:shioyan1130:20210813062218j:plain

窓枠があるとオシャレですよね。窓は樹脂製です。

最後の仕上げとして、床とパネル側面がまだ固定されていなかったため、45mmの長いビス22点で固定していきます。(写真を撮り忘れました。)

 

コストコ物置完成

コストコのオシャレな物置が完成しました!

f:id:shioyan1130:20210813062323j:plain

物置の中は大人自転車2台分がちょうど入るくらいのスペースがあります。

f:id:shioyan1130:20210813062451j:plain

とりあえずは外で使用する子供の自転車、キックボードを収納しています。

高さもかなりあるため、棚を作って収納を増やすことも考えています。

f:id:shioyan1130:20210813062527j:plain

f:id:shioyan1130:20210813062553j:plain

基礎はしっかりと水平をとったので、家の壁と平行に建てることが出来ました。

基礎が水平にできていないと家の壁と平行で無くなり格好悪いので、しっかりとやっておきましょう。

f:id:shioyan1130:20210813062628j:plain

自転車小屋の段差は10cm程度ありますが、いずれスロープを作ろうかと計画中です。

また、アンカー工事が出来ていないため、台風が来た時には飛ばされる恐れがありますので今後やっていきます。

f:id:shioyan1130:20210813062700j:plain

 見た目もオシャレで満足しています。

 

 

 

物置組み立てDIYに掛かった時間

物置組み立てに掛かった時間は、一人作業で基礎1.5時間、物置の2.5時間、合計4時間でした。
説明書にも推奨は2人以上と書いてありますので、2人で作業することをオススメします。慣れている人の2人作業であれば1.5時間程度で終わるのではないでしょうか。

 

まとめ

コストコで購入する組み立て式の物置小屋は今回のように簡単に組み立てる事が出来ます。何より見た目がオシャレで、店舗で購入すれば激安ですので、オススメです。

1点不安材料があるとすれば、全体が樹脂製ですので耐久性がどうかということですが、耐久性についてはしっかりと補強を行って様子を見ていこうと考えています。
ぜひともトライしてみて下さい。

その他のエクステリアのDIYについてはこちらです。様々なDIYにチャレンジしています。

www.shio-ismart.site

 

 また、引き渡し直後の最低限の外構と、費用についてはこちらの記事を参照してください。

www.shio-ismart.site

 

これから庭造り・外構工事を考えている方に便利なサービス

 これから外構・庭造りを始める方に興味のある方におすすめのサービスを紹介します。

 特に「外構業者って色々あるけど、どの業者に頼んだらよいかわからない・・・」と迷っている方におすすめです。

優良企業300社以上の企業の中から外構&お庭工事のプラン・見積もりを無料で作ってくれるサービスです。

 

 

 このサービスのポイントは以下の4点です。

<タウンライフリフォーム外構特集で出来ること>

①外構やお庭の要望に合わせたアドバイスを受けられる

②費用見積もりを無料で受けられる

③外構・お庭のプランニングをしてもらえる

 f:id:shioyan1130:20200505125927j:plain

これらが全て無料で一括見積り出来るメリットがあります。

タウンライフ外構特集一括見積もり 

 

 

ホームページから、「地域」「希望の内容」「外構予定地図」「予算」等を入力することで、タウンライフから希望する各外構業者に一括依頼を掛けてくれます。 

私の場合は電話での勧誘は希望の欄に、「連絡は電子メールでお願いします。」と一言書いておけば、しつこい勧誘はありませんでした。

 

<タウンライフリフォーム外構特集を利用するメリット>

①一括で複数の外構業者に見積もり依頼出来るので、時間短縮になる

②相見積もりで外構業者同士で競い合うため、費用を低くすることが出来る

③審査基準が厳しく、優良企業しかないので安心

 

特に「外構業者って色々あるけど、どの業者に頼んだらよいかわからない・・・」と迷っている方におすすめです。

 

タウンライフ外構特集一括見積もり 

 

 

 一括で複数の外構業者を比較できるので、子育てなどで時間がない方、外構費用をより安くしたい方におすすめです。

 無料ですので、是非ともご利用してみてはいかがでしょうか。