暖かい家づくり(一条工務店 平屋i-smartで快適生活)

20代で建てた一条工務店 全館床暖房 平屋 i-smartの住み心地、モダンインテリア、DIYを紹介。

リビングに飾ったオシャレな絵画を紹介!

 このブログは、
にほんブログ村ランキングに登録しています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

夢のマイホームを建てるとなると、リビングに飾るインテリアにはこだわりたいですよね。今回の記事は「リビングに飾るオシャレな絵画」についてです。私がマイホームを計画し始めたとき、「リビングにはオシャレな絵を飾りたい」と考えるようになり、様々なアーティストや名画を調べ始めました。色々な絵画を調べた結果、最終的に私が購入した絵画や、リビングのどの位置に配置したか、絵画をオシャレに魅せる間接照明について紹介していきたいと思います。  これからマイホームを検討中の方や、リビングの雰囲気を変えたい方の一つのアイデアになればと思います。 

 [:contents]  

リビングに飾っている絵画を紹介

 我が家のリビングに飾っている絵画を紹介します。リビングに飾る絵画。私は当然、オシャレなリビングにしたい!と思っていました。有名なアーティストのもの、風水的に良いとされる絵画、オーダーメイドのもの・・・数えればキリがありませんが、私なりに「オシャレだ」と感じた絵画を購入して、飾っています。

f:id:shioyan1130:20180412071751j:plain

オリバー・ガル(Oliver Gal)というアメリカのアーティストの絵画です。購入して、リビングの一等地(どこからでも良く見える位置)に飾っています。 

 オリバー・ガル(Oliver Gal)とは

オリバー・ガル(Oliver Gal)とは、ロラ・サンチェス(Lola Sanchez )とアナ・ガル(Ana Gal )の姉妹を中心とした著名なアーティスト達によって立ち上げられたブランドです。

話題となったのはあの海外ドラマ

 海外ドラマの「ゴシップガール」(GOSSIPGIRL)というドラマの中でこのアートが使われています。「ゴシップガール」は、2007年〜2012年にアメリカで放送されたドラマで、日本では、2009年4月より放送開始。ドラマの中でオシャレなインテリア、アートが使われているのが特徴ですね。その中で使われているのが、この「オリバー・ガル」のアートになります。

ブランドをテーマにしたものが多いのが特徴 

高級ブランドをモチーフにした作品が多いオリバー・ガル(Oliver Gal)」のアートですが「PRADA」「CHANEL」「HERMES」などのロゴが入ったアートが有名です。誰でも一度は目にしたことがあるブランドをテーマにしていて、空間に高級感を演出してくれます。  

間取りの図面段階から「リビングに飾る絵画」の場所を考える

  私は間取り図面の段階から「リビングのどこに絵を飾るか」を考えていました。

赤枠で囲っているところが絵を飾る壁青色の矢印が玄関からの視点です。

f:id:shioyan1130:20180414230347j:plain

 f:id:shioyan1130:20180414230756j:plain

 せっかくの自分が気に入ったオシャレ絵画であれば、玄関からでも見える位置に配置したいですよね。家の間取り図面を書く段階から計画しておくことで、より自分のイメージした部屋に近づけることが出来ます。 

絵画を更にオシャレに魅せる間接照明 

 我が家では、オリバー・ガルの絵画の付近に間接照明を入れています。

f:id:shioyan1130:20180412071803j:plain

実はこれ、家の間取りを考える前に「リビングには何かオシャレな絵画を飾りたい」という思いから、絵画を飾る壁の前に間接照明を入れました。

 f:id:shioyan1130:20180414231233j:plain

 上の電気図面の青色矢印のところです。後付けで間接照明を付けるのはハードルが高くなりますので、お気に入りの絵画を飾る予定のある方は、しっかりと図面段階から検討しておくといいですね。 

まとめ

  今回はオリバー・ガル(Oliver Gal)というアーティストの絵画を紹介していきました。
今回の記事のように「絵画を飾ることを予め考えておく」と、間接照明でオシャレに魅せることが出来たり、自分が考える一番良い場所に絵を飾ったり出来ると思います。部屋の間取りを決めるだけでも「部屋の数」「配置」「窓の大きさ・向き」などなど・・多くの項目を決めなくてはならない中大変ですが、「リビングをオシャレに魅せるための絵画をどこに配置するか。」について頭の片隅に置いておくと、後悔しなくて済むかもしれませんよ。

 

 こちらの記事も参考にしてください。全体の間取りについて紹介しています。

shioyan1130.hateblo.jp